激痛! 膿の海 強い痛みがある患者を救う治療法 Patient had very strong pain. Save the tooth and relieve patient pain!!!

角栓ごっそり

以前に出したショート動画のロングバージョンになります。
今回の症例は術前に患者さんにとても強い痛みがありました。
口蓋側に腫脹があり、波動を触れましたが必ずしも切開・排膿を行う必要はありません。
患者が急患で来て根管治療をする時間は取れず止む無く応急処置として切開・排膿を行うのは効果的ですが、根管治療を行う時間があるのであれば必ずしも切開・排膿をしなくてもよいのです。
ある研究でも根管治療のみを行った場合と切開・排膿のみを行った場合の疼痛の減弱具合を比べた研究がありますが、その結果に有意差はありません。
切開を伴うような外科処置は避けられるなら避けたほうが良いと私は思います。

また、術中に(私が考案した)効果的なラバーダムの掛け方や、MTA根管充填のテクニック、余剰MTAの効果的な除去法などが含まれています。

「強い痛みが患者さんの痛みを劇的に改善する治療法」とありますが、行うことは常に同じで感染源を除去し、よく洗浄し厳密な仮封を行うことです。

MTAの充填位置による成功率の変化もお伝えさせて頂きましたが基本は上記です。材料=マテリアルが治すのではなく、患者さんの免疫が疾患を治すのです。歯科医師の役割はそれをアシストをするのに適した状態を用意することです。
ですのでMTAで根管充填をすることよりも、それ以前の無菌的処置・根管系からの感染の除去・根管系の封鎖が重要になります。

1回目の処置直後に痛みが劇的に改善されたのがよい証拠となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました